お洒落にみえるホームページの作り方

専門知識は必要ありません

昨今のサイトは、みんなオシャレですよね。「自分もこんなサイトが作ってみたい」と思うようなお手本が、誰にでもあるのではないでしょうか。しかしウェブページにおいてデザインを真似ることは、とても簡単なことなのです。というのも、昨今のホームページの構造は検索エンジンに拾われやすくするために、みんな似たような内容になっているからです。
つまりそれはどういうことかというと、どんなデザインであっても、お手本になるようなページのデザインが、世界中の何処かでフリーで提供されている、ということです。オシャレなホームページが作りたかったら、そのページと良く似た「テンプレート」と呼ばれる「お手本ページ素材」を探しましょう。一から作ることはできなくても、お手本をいじるだけなら誰にでもできます。

ちょっとした工夫で個性的に

とはいえ、テンプレートをまるごとそのまま使ったのでは、同じテンプレートを使った人とページの印象が被ってしまいますよね。例えば合コンで、同じ服で来てしまった人がいると恥ずかしいのと同じことです。そのまま使うと、せっかくの洗練されたテンプレートも、かえって格好悪くなってしまいかねません。そこで修正したいのが「フォント」と「カラースキーム」です。これを変えるだけで、ガラっと印象が変わります。
これらを修正するには、テンプレートの「CSS」と呼ばれるファイルを編集します。CSSについて少しだけ勉強が必要ですが、フォントの指定や色の指定などについては、さほど難しくありません。色の指定も、一緒に組み合わせて使っても違和感のない組み合わせを自動で作ってくれるサイトがありますので、そういうところを活用しましょう。